ホーム  >  よくある質問

Q.住宅ローン控除をうけるにはどうしたらよいですか?

  不動産を購入した翌年の2月中旬ごろから3月15日迄に下記の書類を持参し

  て最寄りの税務署へご自身で始めの1回だけ確定申告に行かなければなりま

  せん。2年目以降は会社員の方の場合は勤務先での年末調整で住宅ローン

  控除を受けれます。

    1.住民票

    2.住宅ローンの残高証明(金融機関より郵送で届いているはずです。) 

    3.不動産売買契約書または請負契約書の写し

    4.土地、建物の登記簿謄本(通常は権利書の中に1部づつ入っています。) 

    5.源泉徴収書(年末ぐらいに勤務先よりでています。)

    6.通帳(還付金が振込になりますので口座番号が分かる様に持参する。)

    7.認め印

  ※確定申告って難しく感じるかも知れませんが上記の1~7の書類を持参して

    税務署へ行けば職員が親切に記入方法など教えてくれますので意外と簡単

    に手続きは終わります。

 

Q.仲介手数料ってなんですか?

  仲介手数料とは家を売りたい方(売主様)と家を購入したい方(買主様)との間に

  専門知識のある不動産会社が入り契約をまとめる事を仲介又は媒介と言いま

  す。その時に双方の間に入った不動産会社に支払うお金が仲介手数料といい

  ます。これが不動産会社の売上になります。

 

Q.仲介手数料は位かかるのですか?

  購入不動産の売買価格の3%+60000万円に消費税が掛ります。

    たとえば2,000万円で家を購入したとしますと下記の計算方法で金額が出ます。

       2,000万円×3.15%+63000円=693,000円となります。(税込み)

  約70万円近く掛ります。家具または電化製品がそろう位の金額です。

  ちなみに、当社のH.Pでは仲介手数料が無料の物件を多数用意しています。

  少しでもお客様に喜んで頂ければと思っています。又、H.Pに記載出来ていない

  物件でも仲介手数料が無料になる場合がありますので、他社の広告で気になる

  物件が有れば一度、お問い合わせください。無料になれば、お得ですよ。

 

Q.仲介手数料は無料ですが、他の名目で請求されるのでは?

  ご安心ください!他の名目で請求することは一切ありません!

  今までにこんな例がありました。あるお客様が数社の不動産会社に見学に行っ

  た時にライフスタイルでは仲介手数料が無料になる説明をその他社の営業マン

  にしたところ、そんな事は絶対あり得ません!嘘ですよ、きっと他の名目で請求

  されますよと言われたことがあった様ですが当社(ライフスタイル)では無料と記

  載している物件は無料ですし、他の名目で請求することは一切ありませんので

  ご安心下さい。おそらく当社が思うにはその他社の営業マンはその様なことを

  した事があるのかも知れません。気をつけましょう。

  ちなみに、その時のお客様は当社で契約を頂き、仲介手数料も無料になって

  大変よろこんでおられます。

 

 

 

 

  

  

   

 

 

 

 

 

 

ページトップへ