東大阪市の不動産情報・売却|ライフスタイル > ライフスタイルのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却を住みながらおこなうメリットや注意点とは?内覧成功のコツも解説

不動産売却を住みながらおこなうメリットや注意点とは?内覧成功のコツも解説

≪ 前へ|空き家火災が増えている?火災の原因と持ち主の責任について解説   記事一覧   不動産売却における契約の違い!離婚による売却の注意点も解説|次へ ≫

不動産売却を住みながらおこなうメリットや注意点とは?内覧成功のコツも解説

カテゴリ:不動産売却

不動産売却を住みながらおこなうメリットや注意点とは?内覧成功のコツも解説

不動産売却では、住みながら売却活動をするケースも珍しくありません。
住みながらの売却は空き家と比較するとやはり不利に働くことが多いですが、デメリットや注意点を把握すれば上手に対策を立てることができます。
今回は、不動産売却をお考えの方に向けて、住みながら売却活動をおこなうメリット・デメリットと注意点をお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却を住みながらおこなうメリットとは?

不動産売却を住みながらおこなうメリットは、売り先行で売却が進められることです。
売り先行とは、マイホームの住み替えの場合に先に売却を決めてから新居を探す方法です。
売却金額を元に新居の予算が決められるので、資金計画に無理が生じにくいのがメリットです。
新居のローンが始まっているのに古い自宅をなかなか売却できずに二重ローンになったり、何年も売れ残ってしまうという最悪の事態も回避できます。
売却活動においては、内覧の際に生活するイメージが伝わりやすいのがメリットです。
家具や家電が設置されていることで、入居後の良いイメージにつながれば売却への後押しにもなります。
また、購入希望者のなかには、「どんな人が住んでいたのか」を気にする方も珍しくありません。
そのため、室内の様子や生活ぶりから良い印象をつけることができれば、売却にも有利に働きます。

不動産売却を住みながらおこなうデメリットとは?

住みながら不動産売却をおこなうデメリットは、やはり生活感が出やすい点でしょう。
まず物件広告の画像などの第一印象の時点で、家具や家電が置いてあることで候補から除外されることも考えれます。
また、内覧のスケジュール調整も実際に住んでいると難しいので、機会を逃すことにつながります。

不動産売却を住みながらおこなうときに知っておきたい注意点

住みながらの売却は生活感が出やすいので、注意点としてはやはり掃除を入念におこなうことです。
とくに注目されやすい水回りに関しては、プロにクリーニングを依頼するのもおすすめです。
また住宅にはその家特有のにおいが染み付いていることも多いので、部屋の換気も重要です。
エアコンを使用しない春や秋は室内の空気が循環されにくいので、とくに換気を頻繁におこないましょう。
当日の内覧対応も重要で、実際に人が住んでいる住宅はつい遠慮されてしまいます。
気兼ねなく内覧できるように、立ち振る舞いにも注意が必要です。

まとめ

住みながらの不動産売却であっても、掃除や換気、当日の対応などの注意点を押さえることで、売却成功につながります。
空き家と比較するとやはり不利になりやすいので、クリーニングやホームステージングなどのプロの手を借りることも検討してみましょう。
私たちライフスタイルは八尾市・東大阪市にある不動産の購入、売却をサポートしています。
「相続した不動産について相談したい」「早く物件を売りたい」などのお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

【ライフスタイルで家を売る時の流れ】


≪ 前へ|空き家火災が増えている?火災の原因と持ち主の責任について解説   記事一覧   不動産売却における契約の違い!離婚による売却の注意点も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

渡邊  篤実 最新記事



トップへ戻る