東大阪市の不動産情報・売却|ライフスタイル > ライフスタイルのスタッフブログ記事一覧 > 空き家火災が増えている?火災の原因と持ち主の責任について解説

空き家火災が増えている?火災の原因と持ち主の責任について解説

≪ 前へ|東大阪市の住みやすさとは?交通利便性と買い物環境に注目してご紹介!   記事一覧   不動産売却を住みながらおこなうメリットや注意点とは?内覧成功のコツも解説|次へ ≫

空き家火災が増えている?火災の原因と持ち主の責任について解説

カテゴリ:空き家対策

空き家火災が増えている?火災の原因と持ち主の責任について解説

空き家を放置しているとさまざまなリスクがありますが、その一つが火災です。
空き家火災は近年増加しており、もし管理不足が原因の場合は所有者にも責任が問われます。
今回は、空き家を所有している方に向けて、空き家火災の原因と対策、所有者の責任についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家の火災の原因とは?空き家は狙われやすい?

空き家火災の原因には、外的要因によるものと、所有者の管理不足によるものがあります。
外的要因とは、タバコのポイ捨てや放火などです。
消防庁のデータによれば空き家の火災の原因のほとんどが、放火や放火疑いによるものです。
空き家は人目がないことで、放火犯からもターゲットとして狙われやすくなるためです。
所有者の管理不足にあたるのは、ガス漏れや漏電による住宅設備からの出火です。
また、空き家に侵入した野生動物が配線をかじってしまい火災が発生するというケースもあります。

空き家で火災を発生させないための対策とは?

空き家で火災を発生させないためには、定期的な管理が必要です。
管理会社に依頼するか、所有者本人が頻繁に出向いて家の管理をすることで、放火の対象となりにくい良好な環境を維持することが大切です。
戸締りをしっかりおこない、新聞紙や雑誌などの引火しやすいものは片付けをしておきましょう。
そして根本的な対策としておすすめなのが、空き家を売却または賃貸物件として活用することです。
住む予定がない場合や、空き家が遠方にある場合は、管理費用を削減するために早い段階で決断することが得策です。

空き家で火災が発生したときの所有者の責任は?

空き家で火災が発生し、近隣にも延焼した場合、所有者の責任は問われるのでしょうか。
結論から申し上げますと、基本的には失火責任法によって、所有者の責任が追及されることはありません。
しかし、空き家の管理不足などにより重過失が認められると、賠償責任を負うことになります。
たとえば、空き家が荒らされている兆候があったのに対処しなかった場合や、数か月にわたり放置され施錠もされていなかった場合などです。
万が一に備えて火災保険に入ることできますが、誰も住んでいない住居は保険料が割高になることも多いです。

まとめ

今回は、空き家を所有している方に向けて空き家火災の原因と対策、所有者の責任についてご紹介しました。
空き家はしっかりと管理していないと、放火による火災のリスクが高まります。
火災以外にも近隣トラブルや行政指導が入るリスクもありますので、住む予定がないのであれば早めに売却を検討するのがおすすめです。
私たちライフスタイルは八尾市・東大阪市にある不動産の購入、売却をサポートしています。
「相続した不動産について相談したい」「早く物件を売りたい」などのお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

【ライフスタイルで家を売る時の流れ】


≪ 前へ|東大阪市の住みやすさとは?交通利便性と買い物環境に注目してご紹介!   記事一覧   不動産売却を住みながらおこなうメリットや注意点とは?内覧成功のコツも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

渡邊  篤実 最新記事



トップへ戻る