東大阪市の不動産情報・売却|ライフスタイル > ライフスタイルのスタッフブログ記事一覧 > 自宅の売却におけるリースバックとは?メリット・デメリットをご紹介!

自宅の売却におけるリースバックとは?メリット・デメリットをご紹介!

≪ 前へ|マイホームの購入にフラット35を利用することについて   記事一覧   事故物件を相続した場合の税金と相続の判断基準とは|次へ ≫

自宅の売却におけるリースバックとは?メリット・デメリットをご紹介!

カテゴリ:不動産売却

自宅の売却におけるリースバックとは?メリット・デメリットをご紹介!

老後資金の確保や突然の出費が発生した場合に、不動産売却におけるリースバックが有効的ということを聞かれたことがあるかもしれません。
確かにリースバックを利用することは資金回収をする方法の1つですが、利用に際してメリットとデメリットがあります。
本記事では不動産売却におけるリースバックのメリットやデメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるリースバックとは何か?

リースバックとは、自宅を売却して資金を受け取る代わりに、自宅購入者と賃貸借契約を締結し、引き続き自宅に住み続けられるという仕組みです。
資金の確保にも利用したり、住宅ローンの返済が厳しくなったから売却したり、リースバックを利用する目的はいくつかあります。
また、似ている仕組みとしてリバースモーゲージがありますが、リースバックとは内容が違います。
リバースモーゲージとは、自宅の売却はせず、自宅を担保に入れることにより一括して資金を手に入れる方法です。
リバースモーゲージで資金を手に入れると、借り入れした金額に対応した金利のみ返済をしていきます。
一方、リースバックは売却後に、自宅を購入した不動産会社と賃貸借契約を締結し、家賃を毎月支払っていきます。

不動産売却におけるリースバックのメリット

不動産売却におけるリースバックのメリットは、次のとおりです。

●住み慣れた家に住み続けられる
●維持費が固定化される
●家の所有にかかる経費を払わずに済む


住み慣れた家に住み続けられるのは大きなメリットで、売却したときの引っ越し代金がかからないことも魅力的です。
自宅を担保にして借り入れをしているわけではないため、月々の返済金額が増減することもなく、賃貸借契約で決められた家賃を支払えば自宅に住むことができます。
また、家を所有していると固定資産税や建物の修繕費がかかりますが、所有者ではなくなるため、これらの家を維持する費用を支払わなくて済みます。

不動産売却におけるリースバックのデメリット

不動産売却におけるリースバックのデメリットは、次のとおりです。

●売却価格が周辺相場より安くなる可能性がある
●所有権がなくなるため自由に室内をリフォームできない
●所有権がなくなるため子どもが相続できない


リースバックは、賃貸物件とすることを前提に売却金額を査定されるため、相場より売却価格が安くなる場合があります。
また、自分の家でなくなるため、自由に建物を利用できないという制限を受けます。

まとめ

リースバックは、自宅を売却して資金を用意する資金回収方法の1つです。
リースバックには、自宅に住み続けられる、経費が固定化されるなどのメリットが多くあります。
しかし、売却価格が安めなどのデメリットもあり、自分に合った資金回収方法なのか良く確認することをおすすめします。
私たちライフスタイルは八尾市・東大阪市にある不動産の購入、売却をサポートしています。
「相続した不動産について相談したい」「早く物件を売りたい」などのお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら



【ライフスタイルで家を売る時の流れ】





≪ 前へ|マイホームの購入にフラット35を利用することについて   記事一覧   事故物件を相続した場合の税金と相続の判断基準とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る