東大阪市の不動産情報・売却|ライフスタイル > ライフスタイルのスタッフブログ記事一覧 > 家を売却する際に仏壇を適切に処分する方法をご紹介

家を売却する際に仏壇を適切に処分する方法をご紹介

≪ 前へ|大阪府東大阪市にある東大阪大学敬愛高等学校の概要と設置コースをご紹介!   記事一覧   海沿いの家を購入する魅力とデメリットとは?向いている方の特徴もご紹介|次へ ≫

家を売却する際に仏壇を適切に処分する方法をご紹介

カテゴリ:不動産売却

家を売却する際に仏壇を適切に処分する方法をご紹介

実家が空き家になり売却処分を検討する際、仏壇の処分方法には注意が必要です。
実家でなくても、引っ越し先の新居には仏壇スペースはなく、やむなく処分する方もいるでしょう。
今回は、家を売却する際の仏壇の処分方法とその注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家の売却にともなう仏壇の処分方法をご紹介

家の売却だけでなく、引っ越しなどを機に仏壇を処分せざるを得ない状況になる場合があります。
ほとんどの自治体で、仏壇は粗大ごみとして処分できますが、その前に儀式が必要です。
仏壇や位牌を購入した際に、開眼供養(魂入れ、入魂式、仏壇開きなど)がおこなわれます。
処分をする前には閉眼供養(御魂抜き、お精抜き、閉眼など)を菩提寺またはそれ以外の寺に依頼します。
ちなみに神棚の場合は神社に閉眼供養に相当する供養を依頼します。
供養を終えてから仏壇の処分をおこなうのですが、自分で粗大ごみとして出すこともできます。
粗大ごみで出すのは気が進まない場合は、閉眼供養とともにお寺に依頼したり、仏壇店に引き取りを依頼したりしても良いでしょう。
または不用品回収業者に引き取ってもらう方法もあります。
仏壇店や不用品回収業者に依頼すると費用は高くて15万円ほど、お寺は高くて10万円ほどの額になります。
粗大ごみとして自分で処分する際は、事前に自治体で粗大ごみの規定を確認しておきましょう。

仏壇を処分する際の注意点をご紹介

仏壇だけでなく神棚も、自分で粗大ごみとして処分することは可能ですが、魂抜きなど供養してから処分しましょう。
長年手を合わせてご先祖様の魂や神様と向き合ってきたものを、ごみとして捨てることは不道徳な行為ともとれます。
家を売却し新しいスタートを切るにも、そんな過去の捨て方は、心にしこりを残すだけです。
また、位牌を含め、仏具も一緒に供養して、仏壇と一緒に処分しましょう。
ここで注意点ですが、位牌は小さいので手元に置いておきたい場合は、供養からは除いてください。
仏様や神様のことでお金のことは聞きづらい状況ではありますが、供養にどれだけの費用がかかるかは、お寺や神社に確認しましょう。
後日請求書を見て、びっくりするほどの多額の請求額に驚くことがないよう、注意してください。

まとめ

最近は昔ほど仏壇のある家を見かけません。
仏壇、神棚は、長年家族に寄り添い見守ってくださったご先祖の魂や神様の宿る場所です。
その仏壇、神棚を処分することは、魂や神様の居場所を処分することです。
処分する際は、それまで受けてきた御加護に感謝し、魂や神様が路頭に迷わないように供養しましょう。
私たちライフスタイルは八尾市・東大阪市にある不動産の購入、売却をサポートしています。
「相続した不動産について相談したい」「早く物件を売りたい」などのお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら




【ライフスタイルで家を売る時の流れ】






≪ 前へ|大阪府東大阪市にある東大阪大学敬愛高等学校の概要と設置コースをご紹介!   記事一覧   海沿いの家を購入する魅力とデメリットとは?向いている方の特徴もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


グランドメゾン西九条

グランドメゾン西九条の画像

価格
3,520万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市此花区西九条5丁目
交通
西九条駅
徒歩8分

八尾市福万寺町南売土地

八尾市福万寺町南売土地の画像

価格
980万円
種別
売地
住所
大阪府八尾市福万寺町南2丁目
交通
河内山本駅
徒歩22分

東大阪市大蓮東2丁目中古戸建

東大阪市大蓮東2丁目中古戸建の画像

価格
1,980万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市大蓮東2丁目
交通
弥刀駅
徒歩6分

北加賀屋5丁目新築一戸建

北加賀屋5丁目新築一戸建の画像

価格
3,380万円
種別
新築一戸建
住所
大阪府大阪市住之江区北加賀屋5丁目8-79
交通
北加賀屋駅
徒歩14分

トップへ戻る